このホームページに掲載されている
一切の文書・図版・写真等を、
手段や形態を問わず複製、転載することを禁じます。

©清水茜/講談社・アニプレックス・davidproduction

STAFF/CAST

STAFF

  • 原作

    清水茜(講談社「月刊少年シリウス」連載)

  • 監督

    鈴木健一

  • シリーズ構成

    柿原優子

  • 脚本

    柿原優子・鈴木健一

  • キャラクターデザイン

    吉田隆彦

  • 細菌キャラクターデザイン・
    プロップデザイン・アクション作画監督

    三室健太

  • サブキャラクターデザイン

    玉置敬子

  • 総作画監督

    吉田隆彦・玉置敬子

  • 美術監督

    若林里沙 (アトリエPlatz)

  • 美術設定

    曽野由大・橋口コウジ

  • 色彩設計

    水野愛子

  • 撮影監督

    大島由貴

  • 3DCG監督

    中島 豊

  • 編集

    廣瀬清志 (editz)

  • 音響監督

    明田川仁

  • 音響制作

    マジックカプセル

  • 音楽

    末廣健一郎MAYUKO

  • プロデュース

    高橋祐馬

  • アニメーションプロデューサー

    若松 剛

  • アニメーション制作

    david production

  • 製作

    アニプレックス・講談社・david production

CAST

  • 赤血球

    花澤香菜
  • 白血球(好中球)

    前野智昭

  • キラーT細胞

    小野大輔

  • マクロファージ

    井上喜久子

  • 血小板

    長縄まりあ

  • ヘルパーT細胞

    櫻井孝宏

  • 制御性T細胞

    早見沙織

  • 樹状細胞

    岡本信彦

  • 記憶細胞

    中村悠一

  • B細胞

    千葉翔也

  • 好酸球

    M・A・O

  • マスト細胞(肥満細胞)

    川澄綾子

  • 先輩赤血球

    遠藤綾

  • 肺炎球菌

    吉野裕行

  • ナレーション

    能登麻美子

  • ほか

原作

清水茜

アニメ化ありがとうございます! 細胞の擬人化というポップな題材のおかげで皆様に受け入れていただき、非常に幸運だと思っておりましたが、その上アニメ化までしていただけるとは思いませんでした。皆様のご期待に沿えることができなかったり、周りの方にご迷惑をおかけしたり、自分の未熟さを痛感する毎日ですが、未熟者ながら一話一話に「楽しんで欲しい」という気持ちを詰め込んで描いた漫画です。ぜひ見ていただけると嬉しいです!

監督

鈴木健一

私たちの体の中には、約37兆個もの細胞が24時間休まず働いています。
「へぇ~、こんなことが起きてるんだ~」、「細胞たちがこんなに頑張ってくれてるんだ~」と、自分の体の中で起きている様々な出来事を、あれこれ妄想(笑)しながら、楽しんで観て貰えたら幸いです。スタッフ一同、細胞に負けない様、「はたらくスタッフ」となって頑張っていますので、何卒よろしくお願い致します!

シリーズ構成

柿原優子

こんなふうに体内で細胞たちが毎日がんばっていると思うと、もうちょっと自分のからだを大事にしてあげよう、と思うようになりました。
ユニークで想像力豊かな原作の魅力を、楽しくアニメ化できるよう、アニメスタッフ一同も一生懸命はたらいております。
面白くて、ちょっとためになる、細胞キャラたちのお仕事ドキュメンタリー、
ぜひご覧いただけますよう、よろしくお願いいたします。

キャラクターデザイン

吉田隆彦

サブキャラクターデザイン

玉置敬子

美術設定

橋口コウジ

色彩設計

水野愛子

細胞たちのがんばって働き戦う姿や、細菌たちのがんばって侵食しようとするストーリーを楽しんでもらいながら、体内のどこにいて、誰が何をしているのか分かり易くするため、監督・背景さんと共に工夫を凝らしています。 
せっかくのアニメ化ですから、フルカラーで動くキャラたちを華やかにカッコよく、楽しそうに表現出来ればと思っております。

3DCG監督

中島 豊

初めて作品を読ませていただいた際 読者が誰一人、無関係な人がいない舞台というのが面白かったですね。
我々の体では幾人もの細胞達が日夜一生懸命、与えられた役割を全うしようと、あくせく働いてくれているわけです。
それは自分がどんなに自堕落な生活をしていようとも関係ありません。
その健気な姿をしっかりと表現していくことが、この作品においてはとても大事なことなのだなぁと感じながら、作らせていただいております。
そしてこの作品をご覧になった方が少しでも、自らの細胞達の労働環境を改善できるように感じてもらえれば幸いです。
そのためには、まず自分自身、暴飲暴食を控えようかと……。

編集

廣瀬清志 (editz)

david productionの梶田さんから次はこれお願いしたいとお声がけいただいたのがはじめでした。監督も鈴木さんなのでいつもの調子で楽しく編集させていただいてます。
スタッフが原作好きだったこともあり編集の現場は意識高めです笑 まだまだこれから大変になっていくと思いますが全力疾走していきたいと思います。 是非楽しみにしていてください。

音楽

末廣健一郎

私たちの体内ではこんなにもたくさんのドラマが繰り広げられているのか!
「はたらく細胞」を読んでいると一番身近である人間の体に改めて驚かされます。擬人化を通して描かれる体の仕組みという学びのシーンから愛、友情、仕事!のシーンまで幅広くエンターテイメントしている本作品。生きている上で大切なことがたくさん詰まっているこの作品をどうやって音楽で盛り上げようか、今からとても楽しみにしております。

音楽

MAYUKO

お話をいただいて、すぐに漫画を購入!擬人化もここまできてるのか、と興味深く読み進めていくうちに頭の中で超絶バトル音楽が鳴っていました。おかげさまで、自分のくしゃみが出る瞬間でも「ドババババーン!!」と脳内BGMが流れるように……(笑)個人的にはマクロファージさんが大好きなので彼女には華麗な音楽をつけられたらな、と思います。私の音楽家人生は、ゆうまお名義のアニメ作品から始まったのでたくさん恩返しができるようにがんばります。

プロデュース

高橋祐馬

漫画「はたらく細胞」を初めて読んだ時の衝撃は今でも忘れられないです。一番身近だけど一番知らなかった自分が、こんなにもドラマチックだなんて。細胞達が愛しいです。漫画に真摯に向き合った面白いアニメを創り、届ける為、素晴らしいスタッフ/キャストの皆様と日々を重ねています。そして作品を通して、自分らしいやり方で世界を健康にしたいと思っています。アニメ「はたらく細胞」、是非応援頂けたら嬉しいです。と共に、HPに、作品とのコラボお問い合わせフォームを設置していますので、沢山の面白いご連絡お待ちしています!

アニメーションプロデューサー

若松 剛

いよいよテレビアニメ化発表!!(パチパチ♪)
実力あるスタッフの皆さんがすばらしい原作を映像化するため日々……働いています! ……働いています!(大事なので2度言いました) 鈴木監督をはじめアニメ制作に関わるスタッフの皆が細胞たちに負けないぐらいの困難に直面し……時には熱い議論を交わし、時には拳を交え……(嘘です)アニメ制作に励んでおります!!
皆様から末永く愛される楽しい映像にすべくスタッフ一同頑張って……頑張って……頑張ってます! アニメ放送までもうしばらくお待ち下さい。

撮影監督

大島由貴

初めて撮影監督をやらせて頂くのですが、キャラクターの個性を引き出せるような処理や絵作りを心がけていきますので、皆さん楽しみにしてて下さい。

赤血球

花澤香菜

はたらく細胞に出会うまで、自分の身体の中で何が起きているのか、知らないことだらけでした!!
細胞たちのありがたみを感じながら楽しめる、素敵な作品です。
アニメでは私も赤血球として、元気にたくさんはたらくぞーーー!!!!!!

白血球(好中球)

前野智昭

オーディションの時から非常に気合いを入れて臨んでいたので、携わらせて頂けることになってとても嬉しいです。
僕自身も健康オタクな所が割とあるので、この作品で更に知識を深め、自分の白血球をいつも元気に保とうと思います。
雑菌は全て殲滅させるつもりで、全力で白血球を演じようと思います!

キラーT細胞

小野大輔

以前から楽しく読ませていただいていたので、出演出来ることを大変うれしく思っています。
キラーT細胞の名にかけて、異物をガンガン破壊したいと思います。
見ねえヤツは脾臓送りだ!

マクロファージ

井上喜久子

オーディションの時に原作を読ませていただき、その面白さと奥深さに感動しました。
人間って素晴らしい!生きてるって奇跡!
なんだか自分のからだが愛おしく思えてくる素晴らしい作品だと思います!
マクロファージさんはいつだって、ふんわりニコニコ……だけど、やるときはやる。
悪いウイルスに対してはズバババーッっと殺っちゃうところがたまりません(≧∇≦)
とーっても面白いキャラクターなので楽しんで演じさせていただきたいと思います!
ああっ 皆さまっ の健康と笑顔が末永く続きますように♡

血小板

長縄まりあ

血小板役を演じさせていただきます!長縄まりあです!
原作を読ませていただいたときから、この素敵な世界に入っていろんな細胞のみんなとお喋りしたり働いたりしたら楽しいんだろうなと思っていたので、アニメに決まったときはとっても嬉しかったです!私の精一杯、全力を出して演じたいと思います!頑張ります!宜しくお願い致します!

ヘルパーT細胞

櫻井孝宏

体の中で何が起こっているのか、細胞たちがどんな働きをしているのか、興味あったりしませんか?
ある意味、擬人化の究極かもしれない作品です。
楽しく学びながら頑張りたいと思います。

制御性T細胞

早見沙織

めくるめく細胞ワールドに、制御性T細胞役として関わらせていただけることを嬉しく思います。原作の空気感がどのようにアニメになっていくのか、そしてアフレコ現場で繰り広げられるであろうテンポの良いかけあいが、今から楽しみです!

樹状細胞

岡本信彦

樹状細胞ってなんだろうと思い調べた結果、免疫細胞の司令塔のような細胞だとでました。とても重要な細胞なかんじなのですが顔は可愛らしいのでギャップがあるなと感じました。アフレコはこれからですが頑張りたいと思います。

好酸球

M・A・O

好酸球役を演じさせていただく事になりました、M・A・Oです。原作を拝見してとても面白い作品だと思っていたので、こうしてアニメに参加させていただく事ができ、嬉しい気持ちでいっぱいです。体の中の仕組みと、日々起こっている事件や出来事について楽しく学びながら、細菌やウイルスとのバトルに参戦させていただきます!